助成金関係、意外に充実しているものの一筋縄ではいかないものばかり

スポンサーリンク
日々
スポンサーリンク
スポンサーリンク

文化庁の継続支援事業、支払までひたすら待つ

文化庁の継続支援事業だが、非常に大変であったがようやく報告書を出し終えた、と思ったが、いまだに額の確定通知が来ず。

3月末に報告して、1ヶ月程度で出します、と言っていたはずなのだが・・・。

11月からの事業の経費の4分の3補填する事業なので、半年以上支払いっぱなしになっている可能性があり、これは貯金のない人間はきついだろうな・・・。

支援してくれるだけ、ありがたいというものだが。

 経産省 一時支援金、事前確認をしてくれるところがなかなか見つからず。

登録機関ということになっている、行政書士法人や税理士さんに申請書類の事前確認をしてもらう必要があり、これが結構やっかい。

経産省は9割の登録期間が無料で事前確認してくれるよ、と言っているが、問い合わせに問い合わせても返事がこなかったり有料だらけ。

1週間ほどいろいろ声をかけつづけてやっと無料でやってくれるところを見つけた。

ちなみに電話は一度もせず、すべてメール。経産省の窓口は「みなさん電話されるみたいですが・・・」などと言っていたけど普通に迷惑だと思ってしまったのですべてメールでコンタクトしました。

登録機関さんからしてもやってうまみがある作業ではないので、手数料払うのは別に良いといえば良いのだけど、と思い始めた頃にようやく無料のところがつかまった。

とにかくシステムとしてどうなんだろうという思い。

逆に9割くらいのところが有料となっているので、経産省にかいてある記述は感覚的にはまったく違うと言わざるを得ないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました