人となり

スポンサーリンク
日々
スポンサーリンク

門田和峻の幼少時からのざっくりとした人となりをご紹介します。

大阪生まれ。茨城育ち。

親戚はほぼ全員関西系。幼少時は大阪弁しかしゃべれなかったが、周りと言語が違うので無理やり標準語を覚えた。今でも親とは大阪弁だし、たまに日常会話でも出てくる。

スポンサーリンク

幼少時

幼少時のやらかしについてはよく親に聞かされる。「3歳のときにラジコンを買い与えたら、その1時間後にはネジ1つ1つを含めてすべてキレイにドライバーで分解させられていて、部品がきれいに並んでいた。原型をとどめていなく、修復不可能であった」「父親の初めての海外出張のときのパスポートが卓上にあったはずが行方不明、大騒ぎで探したらソファの下に隠してあった」「曾祖母の葬式で神社のネジを分解し柱を引き倒した」「時計など小物はことごとく煙のように消滅した。ハイハイの段階でそれらを見つけ次第ゴミ箱等に次々に投入していた」などと、大人になって改めて聞くと自分でも信じられないエピソードが多い。

洗濯機と電車にハマる。そのあたりに関係する漢字はすぐ覚えることができたという。基本的に好きなことはどんどん尖っていくが努力が苦手なのは変わらないと思う。

6歳でピアノ開始。ただし練習大嫌い。たまに耳コピで遊ぶくらい。あとは自分で作った歌を適当に歌っていた。当時は絶対音感もそこそこあり、ピアノ上ならどんなに和音が重なっても音を当てられた。

あとはリトミックを習っていた。アトリエ・ドゥ・ダルクローズが近くにあり、これが結構本格的なやつで、結局高3まで続けることになる。体と音楽の結びつきは、かなり音楽活動へ役立っている。

小学校

最初の小学校は通知表などがなく比較的自由度の高いところだったのをいいことに、友人を引き連れて授業を抜け出して図書館で読書三昧するなどやりたい放題へ。ただサッカーとゲーム(ポケモンやスマブラなど)を周りの子たちとするのも好きだった。小4で転校することになり、より田舎町に住むことに。カルチャーショックも手伝い、ピアノとリトミックを一旦辞める。2年位のブランクの後、レッスンにだけ顔を見せる形で復帰。その後高3までつくことになる泉對優子先生にピアノを習い始める。ベートーヴェンソナタが弾けるくらいになると結構ハマりはじめ、いくつかのソナタを夢中で弾くことは多かった。

中学校

中学校ではバスケ部へ。中1くらいでは学校の勉強はそこそこやっていたが中2ではだらけはじめ内申書がかなり低くなる。成績の悪い子から良い子まで、様々な友達ができて、共に先生に立ち向かっていく構図は楽しかった。バンド組んでキーボードを弾いたり、パソコンで簡単な打ち込みソフト(XGWORK)を買ってもらい初めての作曲をしたりなどのことに手を出すようになる。中3で自作ピアノ曲をノバホールで初演させてもらったのが、最初に他人に聴かせた自作曲となった(その頃はOp.で曲を数えていて、11だった)

高校

高校では典型的な「もっと頭良かったはずなのにこんなところに来てしまった」感を全面に出し孤立。勉強がすっかり嫌いになってしまい、出席日数等もギリギリでなんとか進級する日々。当時は結構な暗黒時代で、服装や髪型はだらしがなく、授業中は町田康や筒井康隆などの本を読むか、袖に通してバレないようにしたイヤホンから音楽を聴くか、ゲームするか寝るか、という悲惨なありさまであった。キーボードを担当したバンドも同じ中学で他校の人たちと。作曲はこのころから習い始め、勉強がいやなので作曲で、というかなり後ろ向きな理由で進路設定。音大志望と聞いて目の色を変えたピアノの先生にしごかれ、高2の10月あたりから初めて本気でピアノを練習する。これはもう相当凄く、作曲の勉強も足りていなかったのだがとにかくそこから高校生活はピアノを弾いていたイメージは強い。友達もほとんどできず、お昼休みも毎回一人でご飯を食べていて、永遠のごとく感じていやでいやで仕方のなかった高校生活、高3あたりからもうすぐ卒業できる、という希望が見えてきたことにより、片道11kmくらいある距離を自転車で通ったりなど友達がいない中結構たくましかったように思う。

大学

音楽大学で自分より奇人変人がうようよいることに驚愕する。それまで音楽の才能は正直ない方だと思っていたので別に衝撃波受けなかったが、そこそこ変な人間だという自負はあったので、それがまったくそんなことはないのだ、というほどに変な人間が多かったのにびっくり仰天してしまった。このあたりどこかで記事にしてもいいかもな。ということでああ、自分は真面目に生きよう、でないと自分の価値はないのだと考え、単位はおそらく同科で最も真面目に取った。ライブハウスなどで自作のポップスっぽい曲を演奏してみたり、塾講師のバイトをたくさんやってみたり、酒をめちゃくちゃ飲んでみたり、様々な経験も積極的に積んだ。大学4年になった段階で、そういえば本来の作曲をちゃんとやっていないことを思い出し、思い切って門下を変更し、4年の間はオケを書く以外の活動をすべて休止しようと考えた。睡魔でぶっ倒れる以外はすべて作曲した。初めて本気で本格的な作曲に取り組んだ瞬間であった。卒業時には自作のオーケストラを演奏してもらえるという体験をしたが、これがなかなか衝撃的で、ちょっともう少し作曲をやりたいという気持ちが強くなった。となると大学院に行っとくか、ということで学芸大の大学院に進学(東京音大も受けていたが、一般的なUniversityに行ってみたくて、あえてこちらを選んだ)

大学院

大学院で初の一人暮らし、一番学生っぽく抜けていた基礎的な勉強などに勤しんだ。また劇伴の仕事を任されるようになり、公立の非常勤講師やバイト、任天堂などへの就活、現代音楽の作曲に授業も結構出ていたので、今考えるとものすごい充実ぶりだった。修了時にオケを演奏したくていろいろな人に協力を仰ぐが、その過程は自らの過失と他の人の過失が渦まき、ものすごい事故につぐ事故を生み、衝撃を受けることに。なんだかんだで仕事もぼちぼち来ていたのでそれをやりつつ、就活は全部惜しいとこまではいくものの全部落ち、多忙のままいつのまにか修了していて、知らぬ間にフリーの作曲家になってしまう。将来への不安はあったが、仕事がなくなったら考えよう、などとその時はぼんやりと考えていた。

その後

その後も仕事の波が様々で、それに対する自分のやりたい方向性も様々。調子が出ない時は就活やったり、講師を辞めたり、諸々ありましたが、とりあえず今に至るという形です。2019年結婚。ポップスと現代音楽をゆるく行き来しながら、広く愛されるような自分の世界を構築していくことをひそかに夢見ています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました