[鹿島アントラーズ2020]今年注目すべき点、コロナ騒動収束後の予想スタメン

広告
日々
広告

地元の関係で鹿島ファンである私にとって、今シーズンはひそかに楽しみにしていた。コロナで止まってしまうのが本当に残念であるほど、今シーズンの鹿島アントラーズというチームは注目すべき点が多かったのである。それについて解説する。

広告

鹿島アントラーズの歴史

鹿島アントラーズというチームはJリーグにおいて比類ない成績を誇っている。J1だけでも最多の8回優勝であり、その他も上位で留まることが多く、「常勝」というちょっと古語っぽい言われ方もしてきたチームである。

簡単に言うと、鹿島は基本、はやく強くうまい選手が、他のチームを圧倒。そしてJリーグ設立前は弱小であった鹿島を、スーパースターのジーコがやってきて植え付けたというジーコスピリット、まぁ平たく言えば勝利にこだわる気合と根性のようなもので、おちゃらけを許されない独特の緊張感を持ってJリーグを制してきた。

鹿島アントラーズ誕生物語 | DRAMA Vol.09 | 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト
鹿島アントラーズ誕生物語 DRAMA Vol.09のページです。鹿島アントラーズのオフィシャルサイト。すべては勝利のために、アントラーズファミリーとともに紡ぐFOOTBALL DREAM。最新ニュース、試合情報など、クラブに関する情報をお届けします。

近年の「戦術」の進化とそれに乗り遅れた鹿島

ところが、その状況はここ数年、変わってきたと言って良い。サッカーのシステムが急激に進歩を遂げているのである。ヨーロッパで洗練された作戦スタイルが他の地方にも浸透しつつあり、カタール等でも普通に5レーン理論などを用いるような時代になりつつある。
当然、Jリーグの他のチームにも、高度なサッカーをするところが現れはじめる。川崎フロンターレや横浜Fマリノス等である。結局、ここ3年はその2チームが優勝しているのだ。
鹿島はもちろんうまい選手が揃っているので善戦はするのだが、「ジーコスピリット」とされている気合のようなものでなんとかしてきたこれまでと違い、個人でなんとかできるレベルを超えているのである。加えて2019年シーズンはアンドレス・イニエスタが加わった神戸が、彼中心かつ他のメンバーも粒ぞろいのチームを完成させつつあり、天皇杯決勝では鹿島は為す術もなく完敗している。結局ここ3年、まったく国内のタイトルはとれずじまいで、それもまったく納得できるほど、「内容が悪すぎる試合」「完全に作戦で負けている試合」が多く見られたのである。

若手が海外行っちゃう現象

鹿島アントラーズというクラブからヨーロッパのクラブに出ていく選手というのは、昔は本当に少なかった。なぜかというとヨーロッパというのはレベルが高く、日本人なんて入り込む隙がない、というかそういう文化がなかったのである。ところが近年、どんどんヨーロッパのクラブで活躍する選手が増えてきている。本当だったら鹿島の将来を担うような若手の選手が、ヨーロッパに次々と渡っていってしまう。

そのため、せっかくとった有能な若手がすぐいなくなる鹿島の戦力は安定しない。具体的にいうと、昌子源、植田直通、鈴木優磨、安部裕葵、安西幸輝といった、普通にスタメンどころかチームの顔となりえる若手が一気にいなくなった。昔であれば、このあたりの選手はずっと在籍したまま、鹿島で成長を重ねて長く引っ張っていくものであったのだが、それができなくなった。

ちなみに、西大伍などの主力選手も、国内ながら普通に抜けていってしまい、あわてて補強するも間に合ってない状況が続いていた。

そんな中、Jリーグ、ルヴァンカップ、天皇杯、ACL、CWCとJリーグ最多といっていい日程をここ数年こなしてきたため、怪我人があふれ、時には10人以上というときもあった。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

で、2020年がどう変わったのかというと

事態を重く見たのか、メルカリ会長の小泉氏にオーナーが変わったからか、この2020年でそれらを一気に刷新しようという意気込みに溢れた大改革が行われた。

まず選手は、国内の若手や中堅問わず、ほぼ全ポジションレギュラークラスを取った。そして、攻撃陣にブラジル人を2名取った。さらに新人4人も、全員日本代表クラスであり注目度は抜群である。

そして、戦術の肝、監督であるが、ここまで石井→大岩という、元鹿島の選手であり、鹿島の精神みたいなものはわかってはいてもヨーロッパの最新の戦術にあかるくはなかった監督に代わり、ザーゴ監督という、一言でいうとリヴァプールやレッドブル・ザルツブルクのようなトレンドを知る監督を招聘した。

ここ数年を見てきた者にとってはこれは大きな改革であり、下手したらクラブ史における転換点となりうる変化である。

では各ポジションにおける感想を述べる。

キーパーは誰が良いのか?

神セーブ連発の韓国人GKクォン・スンテも35歳。セービングに関しては本当に頼れるのだが足元の技術はさほどでもない。新戦術においてはゴールキーパーはフィールダーとしての役割も期待される(ノイアーがパイオニア的な存在で、ディフェンスのボール回しに積極的に参加するスタイル)重要なポイントだったりするので、キック精度に優れるという若手の沖をもっと見てみたい。ただスンテのあの気迫は本当に頼もしいのでいてほしい気持ちもある。40になる曽ヶ端は存在が貴重。ルーキーの山田くんは世代別の日本代表にも選ばれたらしく期待の新人ながらまだ出番はなさそうか。

予想スタメン:クォン・スンテ(流石に年季が違うという判断になるかな)

希望スタメン:クォン・スンテor沖(沖は見たいなー。)

サブ:曽ヶ端or沖

候補者多すぎなセンターバック

川崎フロンターレから獲得した奈良が怪我から復帰。これで多分全員元気になっただろう。犬飼、奈良、ブエノ、町田、関川と、全員特徴を持っていてかつ実力は拮抗していて誰が出てくるか予測不能。個人的には昨年最終ラインを守り続け、どんどん安定感が増していた犬飼は注目したい。奈良も強さと戦術眼を兼ね備えているであろう。ブラジル人のブエノは身体能力が高く頼りになるのだが、先日の広島戦でのやらかしがちょっと響いている印象。新戦術に馴染めていないのだろうか。町田は地元が一緒でかつ左利き、190cm、東京オリンピック世代の若手と期待すべきタレントであるのは間違いないのだが、安定感はまだないのは気になる。まあ、誰だって若いセンターバックは最初やらかすもんだけど。。トレーニングマッチで豪快なヘディングシュートも決めており、成長しているのを信じたい気持ちもある。関川もしかりで、ビルドアップとかうまいのはわかるんだが、彼は逆にちょっと古くさい鹿島の匂いがして、かなり感情の起伏がありそうなイメージ。ということで個人的には奈良と犬飼を推す。両者が戦術に馴染んてきたり、奈良が鹿島のリーダーシップに馴染んできたら、どちらかを町田に託してみてほしい。

ただ、今までのプレシーズンの感じ、町田関川という若手コンビでいきそうなイメージもある。ここは読みづらい。

予想スタメン:犬飼、町田(直近の練習試合がこれであったので、これで来るかな、と。ある意味そのあたりは素直な監督だと思う。控えは関川だろう)

希望スタメン:犬飼、奈良(奈良が未知数ながらある意味バランス取れる二人な気がする)

サブ:町田

レジェンドと元優勝メンバーの右サイドバック

まさかの昨年優勝メンバーから引き抜くというとんでもない補強となった横浜Fマリノスからきた広瀬陸斗であるが、彼は能力があるのは感じ取れる。戦術的な動き方は横浜から来たから当然できるし、個の能力もどんどん伸びてくるだろう。

伊東幸敏、彼もまた怪我ばっかりしていたイメージで復帰後のコンディションをまず知りたい。実にサイドバックらしいサイドバック。

そして本来なら大本命であるべき内田篤人。2014年ワールドカップ前後の怪我が未だに尾を引いていて、昨年終盤のパフォーマンスは酷評されていたし、水戸戦などを見ていても明らかに本調子には見えなかった。注目度が高い分批判も多いが、もう一回がっつり働いているところを見たい。サイドバックなのに縦の動きだけじゃなく、立体的に見えて、でも遅いわけじゃなくて、みたいな不思議な感じなんだよね、彼がボール持つと。

一応全員怪我から復帰しているはず。もうしないでほしいなぁ。

予想スタメン:広瀬陸斗(基本、一択となってしまってる雰囲気はある)

希望スタメン:内田篤人(期待を込めて。広瀬から奪うのは難しいみたいな風潮になってるのは、本来はおかしくて、キャリアとか考えるとファーストチョイスはやはりこっちだと思う。キャプテンも譲ったし、ちょっと休んだし、調子を取り戻してくると信じている)

サブ:上記どちらか

中堅と若手の左サイドバック

仙台のアシスト王永戸勝也を補強。フリーキックなどを期待する意味でも貴重な存在だろう。プレシーズンを見ていても、やっぱうめーな、と思った。

山本脩斗は怪我しないイメージだったが昨年はほぼ怪我。年齢もあるぶん、あの運動量と的確なポジショニングはどのくらい可能なのか。出れば安定しそうな気もするので、期待したい。

湘南からやってきたオリンピック世代の杉岡大暉は身体能力抜群。ただ、世代別代表とかを見ていると、少し判断力がまだ弱い気もしている。1度試合で見たい気もするが。それにしてもよくこんな湘南の希望の風みたいな選手を取れたものだ。

そして若手の佐々木翔悟。彼のポテンシャルがまだわからない。こっちが出てくるとなったらえらいことだ。一度見てみたい気もする。

予想スタメン:永戸勝也(杉岡次第だがおそらく据え置きだろう)

希望スタメン:永戸勝也

サブ:杉岡大暉

(カップ戦などで他の選手も見たい)

心臓となり得るのか、重要なボランチ

若いながらチームキャプテンで代表経験者の三竿健斗は新システムに苦戦中という印象。ボールロストが目立った序盤から、どのくらい仕上げてきているのか。見事なパスを通している場面も多かったので、奮起に期待している。彼がこのチームで心臓のごとくとどろき出した時、鹿島はものすごい力を得るし、おそらく彼も代表復活へ大きく近づくだろう。逆にスタメン落ちも普通にあり得る危うい状況である。

レオシルバは強くてうまいブラジル人だが、個人プレイが得意な選手だし、ちょっとラフプレイも目立つ。やばいときに流れを変える役割でいい気がする。が、ザーゴは結構ブラジル人好きっぽくて(ブラジル人なので当たり前だが)プレシーズンもスタメンだったので、どうなるか。

小泉が随分フィットしていた気がする。永木は去年はサイドバックをやらされてかわいそうな子だったが、今年はボランチでいけるだろうか。名古新太郎は攻撃に関してはアクセントになるだろう。

予想スタメン:三竿健斗、レオシルバ(ブラジル人の力は結構信じている監督のように見える。冷静に外したりするだろうか)

希望スタメン:三竿、小泉(三竿のポテンシャルに期待したいのと、守備的に小泉を置いてチームに落ち着きをもたらしてほしい。失点をまずはなくさないと)

サブ:レオシルバ

セルジーニョの穴を埋めるのが最重要となる2列目

名古屋からやってきた和泉竜司はすべてのプレイがうまい。すごい特徴のある動きはしないけど、何するにも安定している。

ファンアラーノもどっちかっていうとそんな感じで、昨年までいたセルジーニョよりも若干ドリブルするな、という印象。シュートがどんどん入り始めればもっとそれっぽくなる。本当はボランチらしいが、そのプレイも一回見たい気もする。

白崎はどちらかというと長身で、もと清水の10番であり、エース級なんだが、そこまで速さがないのが今年の鹿島にはどうだろう。

最注目のルーキー荒木はどんどん序列を上げているところだろう。相手のすきをスルスルと見つけ出す、身体の入れ方もうまく取られない。本当に手練感があった。今の所、彼をはずす理由がない。本来のボランチでも見たい気持ちもある。こっからさらに成長するポイントはどこなんだろう、と考えてしまうところもあるが。。全体的にうまいぶん、特徴が難しい印象があるので、対策されたらどうしよう、という気持ちもある。

松村のはやさはジョーカーにふさわしい。が、選手権から見ていて点をとるイメージがまだ今の所ない。シュートがうまくなる、か、パスや切り返しなどの選択肢を磨く、というのが必要な気がする。スピードタイプがクレバーになったところ見たいな。

和泉竜司は名古屋からやってきた万能選手。前線ならどこでも、というユーティリティで、広島戦では後半にサイドバックに下がるみたいなオシャレなこともしていた。全体的にうまいのだがシュートが惜しくも外れる印象がどうしても拭えない。試合を重ねると、もっと印象も違ってくるかもしれない。

遠藤康は一時期不調だったが、最近本来のうまさを発揮し始めている気がする。賢いので新戦術にもはまりそう。カップ戦等で出番があったときは安心できるだろう。

予想スタメン:ファンアラーノ、荒木(荒木スタメンは結構躊躇なくやってきそう。あの活躍っぷりを見てたらね。。)

希望スタメン:ファンアラーノ、荒木(荒木スタメンに異存なし)

サブ:和泉、白崎

ここ数年印象を残せていないフォワード

昨年の成績は実はあまり参考にならないんじゃないかと思っている。なぜかというとおそらく今年の戦術になってやることがかなり変わるからだ。

点取り屋として補強したエヴェラウドはいまだ無得点。見たところ、スピードはさほどでもないが、力はあるように見える。今の所まだ、彼でしかできない強烈なプレイみたいなものを見ることができていないように思うが、どうなるだろうか。期待はしているが、計算はできないというのが正直なところだ。

土居聖真はクレバーで冷静に「うまい」プレイができるが、昨年までの「即興スタイル」でしか活動できないのか、新戦術にはまった上で面白いことができるのかは見もの。南野っぽいプレイを期待したいところであるが。

伊藤翔は昨年の初期は活躍したが、その後失速した感はある。昨年までの戦術であれば独力で流れを変えるプレーは少なく、厳しそうだったが、今年ハマる可能性もある。

上田綺世は強くはやく、裏抜けがうまい五輪世代で、注目度も抜群だが、内田篤人もラジオで言っていたように野性味溢れる気迫みたいなものがないように見える。これがあると点がとれる、というのは非常に前時代的な意見ではあるんだろうけど、賢さは感じるだけに、単純に個としてもう1進化することが求められてるんじゃないかと思う。

染野唯月は世代を代表するプレイヤーでダントツで注目されていた選手。怪我から復帰し、これからアピールを重ねるところだろうが、荒木と松村が早々に活躍するのを見るに、思ったよりとっとと出てきて普通に活躍するんじゃないかと思っている。上田よりうまかったらびっくりだ。

予想スタメン:土居、エヴェラウド(初戦がこれだったので、これでいくのだろう。タイプの異なる二人で面白いと思うが、相性は予想がつかない。機能しなかったときに違う組み合わせも見たい)

希望スタメン:土居、エヴェラウド(上田染野は大変ロマンがあるが、まだ早い。とはいえ試してほしい)

サブ:上田、染野

全体的に選手層について言えることは

層厚い。例えば清水で10番だった白崎だったり、湘南の希望だった杉岡だったりなど、どこに行ってもレギュラーでしょ的な選手が出られないような布陣となっていて、怪我もしていないという状況は鹿島としては数年ぶりだと思う。ルーキーや外国人など、特徴の異なる選手も多く、粒が立っている。逆に出ていった選手はほとんどレギュラーとして出てはいなかった選手たちだったので(セルジーニョは除く)ぐっと引き締まった印象。

次節へ

次節は川崎フロンターレとの対戦となった。

苦手なフロンターレは昨年までの戦い方だと勝てる気がしなかった。今年当たるのはちょっと早い気もするが、今までとの違いを見せてほしい。まだあんまり勝てる気はしないが、打ち合いするみたいな展開があってもいいと思う。

完全に公正に想像した感覚的な予想:2-1で負け

見せ場も多く作るが、見事な崩しで2点くらい取られる、という感じな気がする。熟成された川崎に対しても、昨年の勝てる気しなかった感じよりは全然よくなる気はする。

我が予想が外れることを祈る。

日々
広告
門田和峻 公式ホームページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました