Standing作曲のススメ(器具など)

スポンサーリンク
Instruments/機材
スポンサーリンク

「スタンディング作曲」について。

よく聞くスタンディングデスクを作曲環境に入れてしまおうという考え。

立つことによる足腰への適度な負荷に加え、立つことによって血流が良くなり発想力が上がるのです。

もちろんピアノもあるので座りスタイルと2Wayでなくてはならない。

はずせない条件は

1:鍵盤がグランドピアノ等本物のピアノと同じ高さで快適に弾けること

2:立ちと座りの作業をできるだけスムーズにすること

3:座りのときのスピーカーの位置もちゃんとしていること

というわけでその環境の組み立て順を以下に記します。

スポンサーリンク

1:キーボードスタンド「Omega Pro」にピアノシンセ「CP88」を載せ、その上に「2段積みスタッカー」と「専用の板」を乗せます。

K&M ( ケーアンドエム ) >18820 キーボードスタンド Omega Pro|サウンドハウス
テーブルスタイルのキーボードスタンド。スチールチューブ構造と大きな円型の脚先が優れた安定性を提供。支柱に付いているバネ仕掛けのクランプノブにより、簡単で正確な高さ調整が可能です。可動域は60~102㎝。サポートアームはキーボードのサイズに合わせ、約12㎝~73㎝の調節ができます。持ち運びに便利なスト...
K&M ( ケーアンドエム ) >18811B 二段積スタッカー|サウンドハウス
キーボードスタンドOmegaシリーズを2段にできるアームです。トレイ(18819)を置き、ラップトップやコントローラーを載せることもできます。
K&M ( ケーアンドエム ) >18819|サウンドハウス
コントローラーを始め、小型シンセやドラムマシンなどの設置に最適。

 2:卓上スタンディングデスク「Fenge昇降式デスク」を載せ、その上にキーボードとマウスを乗せます。

3:これだと座ったときにキーボードとマウスが高すぎるので、それを置くために「サンワダイレクト キーボードスライダー」を「2段積みスタッカー」の下に取り付けます。

キーボードとマウスを運搬する手間があるのが不満ですが、そこまでポンポン体勢を変えないので、思ったよりはストレスはないです。

多分組み立てながら出ないと何を言ってるのかわからないと思いますが。個人的にはかなり集中できるようになったので試したい方はどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました