初めてのピアノレッスンで行う「ソルフェージュ」の内容

広告
[ご依頼]レッスン
広告

ピアノ習いたての大人の方へオススメしたいのが、「ソルフェージュ」である。

「ソルフェージュ」とは「楽譜の読み方」を中心に教える教則のことである。

ここでは「ソルフェージュ」最初の授業で行うことの多い内容を簡潔にまとめる。これだけやればほぼ基礎的な理解は出来たも同然である。

広告

楽譜の読み方

1.上段を右手で、下の段を左手で演奏する。

2.音の高さ:上段最初の音が「ド」である。真ん中のドの位置を覚えれば、あとは数えればどの高さを指すのかがわかる。

3.音の長さ「四分音符」など音符の長さの種類。休符込みで10種類くらいを覚えてしまう。

4.どれを弾けばいいか見て、指を配置して弾く。

これをすることで演奏は可能である。

すぐ成長できる

大人は力が強いのと論理的思考に慣れているので、要点だけ教えればある程度までは比較的すぐ演奏できるようになる。教材も下手なイラストよりも、できるようになったという実感のほうが大切だと感じる。30分程度で四分音符が何かすら知らない方が上記楽譜くらい余裕で弾けるようになる。そしてその後は勝手に読譜できるようになるのである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました